Midnight the Gathering

Midnight the Gathering

僕なりの愛ですよ

統率者2019


イメージ 1

あの置物の中の人がクリーチャーとして登場。
以前の置物では、相手のカードによって、どの能力が誘発するかわかりませんでしたが、今回の能力はある程度狙っていける為、いやらしい強さを発揮しそうです。

イメージ 2

全体追放除去。3マナなら4枚、いや8枚は買ったのに。
そんなデメリットもないもの出さないかぁ。。。

イメージ 3

毎ターン「予示出来る置物。起動にマナが要らないので、普段捨てていたノンクリーチャーを2/2クリーチャーへと活用でき、隙を作らないようにできますね。
呪巻→予示→ヴェリアナ+みたいな。

それに、予示(表・クリーチャー)を表にする時は、マナコストを必要としますが、呪文を唱えるではなく、あくまで表になるということなので、Nether Voidの制約に引っかかることもなく展開することが出来てしまいます。
なので、相手が”どうせ冥界のスピリットぐらいしか入ってない”と考えたときに、
ブロック→黒4で表に→ファイレクシアの抹消者登場!!みたいな動きをすると面白いかもしれません。

イメージ 4

最後は、黒の未来を広げてくれるカード。
黒単色でエンチャントに触れられてしまいます。

しかし、如何せんクリーチャーとの兼ね合いである為、単一を狙うのは至難の業になりそう。2枚並んでれば、相手の不要牌を切られるだろうし、置いておきたいクリーチャーの代わりに不要なエンチャントを生贄にされる絵が容易に見えます。
まぁ、今回のこれはあくまで”黒もエンチャントに触れられるようにしますよ”
というある意味告知だと私は受け取ったので、今後の対応に期待したいですね!

黒版帰化をくれ!!デメリットは当然あって良いから。
黒だと、ライフロス、クリーチャー生贄あたりを要求かな。