Midnight the Gathering

Midnight the Gathering

僕なりの愛ですよ

ザリガニの鳴くところ

2022/11/27 シネマサンシャイン大和郡山にて本日3本鑑賞の1本目。POINT使って、¥1100也。

❝あらすじ

ノースカロライナ州の湿地帯で、将来有望な金持ちの青年が変死体となって発見された。犯人として疑われたのは、「ザリガニが鳴く」と言われる湿地帯で育った無垢な少女カイア。彼女は6歳の時に両親に捨てられて以来、学校へも通わずに湿地の自然から生きる術を学び、たった1人で生き抜いてきた。そんなカイアの世界に迷い込んだ心優しい青年との出会いが、彼女の運命を大きく変えることになる。

感想

サスペンス・ミステリー感の強い予告だったが、内容的にはカイアこと”湿地の少女”の生涯を描いた自叙伝のような話。

 

私も当初、沼地と湿地の区別があまりついていなかった。この映像を見ていると、湿地の良さ美しさが伝わってきました。カイアが好んでこの場所を離れない訳もなんとなく理解できます。

 

最後、会う事の叶わなかった母と再会し、カイアは安らかな眠りについた。テイトは彼女の遺品に触れていると、あの事件の時に無くなっていた貝殻の首飾りが出てくるのだ。 私的には、終始カイアが犯人だとは思っていましたが、図らずも答え合わせが出来た結果となった。

 

仮に事故だったとしても、一人でそれも後ろから落下は、かなり怪しかった。その点、グループ・ホームに入れられそうになっていた時に、足跡を消す素振りがあり、チェイス殺害時の隠ぺいの裏付けのように思えた。カイアは当然犯人を知っており、周囲からの自分の立場を把握していたので、有罪を覚悟していたのだろうが、弁護士が優秀過ぎたようだw まさか無罪になると思ってなかっただけに、弁護士にホントに感謝している顔をしていましたねw

 

結局、ザリガニの鳴くところとは、何なのか?「茂みの奥深く、生き物たちが自然のままの姿で生きてる場所」と本に書かれていると。要するに、自然の中で生きなさいという事らしい。現に彼女は、終始自然の中に身を置いていた。そして、自然には善悪はなく、彼女は生き延びる為に、チェイスを殺害する事を必然的に選んだのだろう。

関連記事

すずめの戸締まり

2022/11/23 TOHO難波にて本日1本鑑賞。水曜日の為、¥1200也。※撮り忘れたので、後日シネマサンシャインで撮ったモノを貼り付け(;^ω^)

❝あらすじ

九州の静かな町で生活している17歳の岩戸鈴芽は、”扉”を探しているという青年、宗像草太に出会う。草太の後を追って山中の廃虚にたどり着いた鈴芽は、そこにあった古い扉に手を伸ばす。やがて、日本各地で扉が開き始めるが、それらの扉は向こう側から災いをもたらすのだという。鈴芽は、災いの元となる扉を閉めるために旅立つ。

感想

映像も綺麗だし、ストーリーもとても良かった!

 

要石が猫の姿になったダイジン。ダイジンの名の由来は、SNSで誰かが大臣っぽいと書き込んだことに由来しているようで、自然とそれが馴染んだようだった。

 

それはいいけど、気になるのはサダイジンの方。ダイジンから来ているであろう名前だけれども、なぜ”ダイジン”なのか?ダイジンは九州を抑える為の要石で日本でいう所の右側、それに対してサダイジンは左側という説がしっくり来る。

 

それにしても、なぜ要石は猫の姿になったのか?正直謎だが、草太の祖父とサダイジンのやり取りを観ていると、もしかして人柱的な事なのかと思えてきた。草太が要石となったように、昔の人も要石として人柱を用意していたのかもしれない。憶測でしかないけど(;^ω^)

 

ダイジンを追っかける道中、神戸のスナックのママであるルミさんに拾われたすずめ。双子のお守りと称し、スナックの手伝いまでもさせていた。これって、風営法違反とかなんないのかな?所詮アニメの中の話だからいいんだけど、こういうの見て騒ぎ立てる人はいるからね。ちょっと心配になった。

 

この作品の中で一番魅力的なキャラクターだったのは、草太の友人である芹澤君だろう。口ぶりや振る舞いは乱暴だが友達思いなイイ奴だった。愛車は赤いアルファロメオっぽいスポーツカー。懐メロを流し、大声で歌い、沈んだ空気を思いっきりぶち壊してくれるムード―メーカーな彼がとても良かった!! 彼の声を神木隆之介がやっているのも驚いたけど、彼なら芹澤のようなキャラクターをも演じられる演技力があると思った。

関連記事

魔法科高校の劣等生 古都内乱編 全巻読破

原作: 佐島勤 作画: 柚木N' キャラクターデザイン: 石田可奈

全05巻読破!!!!

“あらすじ

妹たちが東京に戻ったあとも司波達也はひとり京都探索を続ける。七草真由美とのちょっとしたアクシデントもなんとか乗り越え、「伝統派」の拠点へと乗り込んだ達也は、そこでテロリスト・周公瑾へと繋がる確かな情報を入手する。そして迎えた論文コンペ本番。事前の手はず通り、会場から一人抜け出した達也は、ついに周公瑾の身柄を押さえるべく決戦の地に乗り込む!!

感想

魔法を使えない人間にとって魔法師は怖い存在。魔法を使われ手も足も出ない。見えない銃を持っている得体のしれない余所者。そうみえているようだ。

 

三枝先輩が酒に酔い、お守りをする達也。その後、お酒は強くないが記憶はしっかり残るタイプだという彼女に、達也の反応は「逃げ出したい…」という心の声w 面白w

 

黒羽が調べを付けた周公瑾の居場所は、国防陸軍の補給基地内だった。光宣と黒羽、そして、達也と一条が周公瑾を追い詰める。多勢に無勢で成す術無しといった感じ。奇門遁甲で術をズラすのだが、周公瑾に残る名倉さんの血が達也に場所を教えていた。名倉さんの執念凄し!!

関連作品

ダーウィンズゲーム 第25巻 読破

漫画: FLIPFLOPs

“あらすじ

人類の興亡をかけて、グリードとの最終決戦「東海道打通作戦」へ挑むカナメたち。グリードの本拠地、富士山麓へ向かう一行に強力な援軍が現れるのだが…!?

感想

セイゲンの語る世界線。半信半疑ながらもセイゲンを仲間に加えるレーベンズ。そして、至道イザヤとの対面。

 

最終決戦「東海道打通作戦」の始まり。大地震と共に現れたのは、グリードの人型個体であるウイッチ・タワー・エミュレーター。それぞれの能力も強力なグリード達を相手に、カナメ達は見事制する事が出来るのか?

関連作品

不機嫌なモノノケ庵 第17巻 読破

漫画: ワザワキリ

“あらすじ

ついにつかんだ、アオイの気配! アオイは生きている…そう確信した安倍だったが、アオイの今の状態が気にかかる。そして一方芦屋は、榮の言葉を思い出していた。「アオイは死んだ…」この言葉で、二人の捜索を阻む理由は一体…。そしてついにアオイと再会を果たす――! アオイは寄生樹い取り憑かれ、息も絶え絶えの状態だった。しかし目を覚ましたアオイはその鋭い爪を安倍に…!?

感想

無いと思われていた海に出た2人。そこで掴んだアオイの気配。

 

乾涸びたネコの姿がそこにはあった。死んでいるのか? 意識はある。しかし、寄生樹のせいで理性・言語・思考が失われている様子。普通にネコ。

 

サカエのお陰で危機的状況を脱すると共に、アオイ失踪のカラクリをサカエから聞き出す阿倍。

 

寄生樹は威光で治せると訴える花繪と阿部とのやりとりが繰り広げられる。そして遂に威光での完治の光明が見えて来た‼︎ 次はワクワクの最終巻。

関連作品