Midnight the Gathering

Midnight the Gathering

僕なりの愛ですよ

ゴルガリ 考察5

 
またまた変更。
 
クリーチャー:24
4:《墓所這い》
4:《戦墓のグール》
3:《ロッテスのトロール
3:《屑肉の刻み獣》
4:《ゲラルフの伝書使》
4:《吸血鬼の夜鷲》
2:《ゴルガリの死者の王、ジャラド》
 
呪文:13
1:《本質の収穫》
2:《突然の衰微》
2:《狩られる者の逆襲》
4:《究極の価格》
4:《怨恨》
土地:23
10:《沼》
5:《森》
4:《森林の墓地》
4:《草むした墓》
 
サイドボード:13
1:《ゴルガリの死者の王、ジャラド》
3:《脳食願望》
3:《悪名の騎士》
3:《ゴルガリの魔除け》
4:《?》
1:《死儀礼のシャーマン》
 
 
OUT                          IN
水路の蠍3                 →    屑肉の刻み獣3
裏切りの血1                →    本質の収穫1
灼熱の槍4                 →    突然の衰微2、狩られる者の逆襲2
赤黒ショックランド4、赤黒M10ランド2 →    沼4、森2
 
やっぱり色拘束がですね~。ということで、2色に戻しました。
 
蠍は、焼かれやすいのに対し、4マナと重たい。簡単に排除されます。
やはり、タフネスとテンポ面でアドがとれる刻み獣が良かったです。(ゾンビですし。)
 
 
裏切りの血は、相手クリを奪って投げるor殴ろうと思ったが、それだけで6マナ消費します。本質の収穫では、此方のクリーチャー(ジャラドなど)に腐っているであろう怨恨を付け、Powerを高め唱えるだけで一発逆転を狙います。ドレイン呪文である為、延命にもなり次ターンでの巻き返しも狙えるかもしれません。
 
 
灼熱の槍も色を考え抜きました。衰微は、腐る可能性があり、今のところはと言った感じです。
スラーグ、銀心、狩達など大型のクリーチャーを落とせないのがやはりネックですね。
 
狩られる者の逆襲は、疑似的除去と言った感じ、接死とは相性が良いものの夜鷲は飛行なので、微妙さは否めないが、他のクリーチャーでもそれなりに使えるカードだと思います。
 
他候補
命取りの魅惑 → 一対一交換できる接死付与呪文。一体だけしか寄せ餌できないうえ、相手が選ぶ。しかし、フラッシュバックにより、2回使用可能(コストも低い)。
骨の粉砕 → クリーチャー一体を生贄に相手のクリーチャーを破壊する。魅惑と似たり寄ったりな能力。上記は生き残る可能性がある(自クリ)。
殺害 → 3マナ重め、クリーチャーを破壊と単純明快。Simple is best.
情け知らずのガラク →重い除去。トークンを出せたりする。